TOTAL: 437860 - TODAY: 250 - YESTERDAY: 371
RSS

SEOUL2013 Wintter 053.JPG

前回に続いて、DVD「Cloud Atlas」を観賞して気づいた点をいくつか…。(またちょっと長くなりますが、お許しください)

◆ペ・ドゥナの過去の映画作品のオマージュがいっぱい登場!

ウォシャウスキー監督自身、ペ・ドゥナの過去の作品をみて、キャスティングや演出に生かしたとインタビューされていましたが、映画のさまざまなシーンをみて、改めて同様に感じました。

①『空気人形』(2009年:是枝裕和監督)
…これはもう、『空気人形』をご覧になった方なら、一目でわかるシーンが出てきます。“クローン人間”という設定自体、似ていますが、冒頭のレストランでコスプレっぽい?制服で給仕するシーンや、ジム・スタージェス演じるヘジュ・チャンの胸に顔をうずめたりの絡みのシーンなど、『空気人形』のエッセンスが度々登場しています。

②『復讐者に憐みを』(2002年:パク・チュヌク監督)
…ペ・ドゥナ演じる2人のクローン人間のそれぞれの“処刑”シーンに、あの酷い“電気イス”のシーンを思い出しましたが、比べて今回はかなりマイルドな“処刑”だったので、ホッとしました。それに比べて、ジョウ・シュン(周迂)の殺されっぷりの見事さ。ジョウ・シュン、やっぱり凄い!

③『ほえる犬は噛まない』(2000年:ポン・ジュノ監督)
…“違法工場のメキシコ人のおばさん”役を演じて、元気なところを見せてくれたペ・ドゥナ。殺し屋(ヒューゴ・ウィービング)に突入された際、腹いせに飼い犬を射殺され、その後しっかり復讐していますが、ほえる犬を殺傷するシーンはまさに『ほえる犬は噛まない』を彷彿!でした。

④ほかにも
…近未来のソウルで敵機?が次から次へ攻めてくるシーンは、ちょっと『グムエル・漢江の怪物』っぽかったし、いろいろなペ・ドゥナが、しかも日本語吹き替えバージョン入りで出てくるなんて、楽しめたDVDでした。
でも、『リンダリンダリンダ』は…?“ソン”にも、どこかで出てきてほしかったんだけど…?

◆クローン3人娘の“もう1人”は?

ペ・ドゥナ、ジョウ・シュン(周迂)と、もう1人、ネオソウルの“年季明け”のシーンで不気味な笑みを見せていたのは、中国・北京出身のジュジュ(珠珠)。
本作では、物理学者のメーガン・シックススミス役(飛行機爆破で暗殺されたジェイムス・ダーシーの姪)も演じていますが、「2012年世界で最も美しい顔トップ100」にも上位にランクされたトップモデルで、映画のキャリアはまだ少ないようです。背の高いペ・ドゥナ、華奢なジョウ・シュンと比べると、バストが大きくてスタイルも抜群。
でも、ペ・ドゥナのひょろ長いところがやっぱり好き!
※参考・wikipediaより⇒http://zh.wikipedia.org/wiki/朱珠


◆“ネオソウル”の彼の部屋で、スマホみたいな画面を楽しそうにいじるペ・ドゥナ!

このシーンは、かわいかった!『空気人形』の“のぞみ”に似ていて嬉しかったけど、とにかくすぐにシーンが変わる映画なので、もうちよつと演技が見たかつた点が残念。
同様に、“カオス”の売春宿や、アジト(ユニオン)から虚空を見つめるペ・ドゥナもなかなか良かったのに、すぐベッドシーンに移行しちゃったり、尺をカットしたのかなあ?

いろいろ書かせていただきましたが、“ネオソウル”のCGは大画面で観ると素晴らしかったし、前半の「尋問~クローン人間の1日~年季明け~秘密の映画観賞」のくだりにはドキドキしました。
あと、男優陣の背がみな高いこと!
170cm以上あるペ・ドゥナが小さく見えたんだから…。

※画像は、前にも掲載したソウル市内の”それっぽい”自販機です。


3500 at Keisei-Chiba.JPG3500 at ちはら台.JPG

昨年夏ごろ、京成3500系、青電復活塗装車に出会ったときの画像です。
子どもの頃、あまりに暗いカラーリングに強いショックを受けたものでしたが、現役を引退した今思えば、戦後を象徴する名車でした。

★ちはら台、京成千葉にて、2012年夏撮影

7707@0617_072047.jpg7703@IMG_20130726_071304.jpg7703@20130726_071254.jpg

いつもの朝、下丸子駅に東急7700系(赤帯車)が続々とやってきます。が、来ないときは来ない。”近いうち”の引退はすでに発表済みですから、いずれ新7000系が増車されるなり、状況は変わってくるんでしょう。
前面の頭のカーブが左右対称で、昭和のデザインを感じます。

SEOUL2013 Wintter 041.JPG

「Cloud Atlas」DVDをTSUTAYAで借りて観賞。これでスクリーンを含め3回観て、かつプログラムに目をやりつつ、やっとストーリーが理解できました。
6つの時代を貫いた壮大な原作を絡め、大作で、かつ複雑な構成。気の遠くなるような時間と手間をかけて製作した映画だったんですね。

さて、ペ・ドゥナびいきの視点から、いくつかポイントを挙げます。

■ペ・ドゥナ史上初?の日本語吹き替えバージョン登場!

ペ・ドゥナ史上初?の声優による吹き替えが登場しています。声優の方のお名前がクレジットからはわかりませんでしたが、“アニメのヒロイン”っぽい声でした。
事実、この映画で、ペ・ドゥナは、終始、ヒロイン的な善人役が主で、ウォウシャウスキー監督から、非常に気に入られていることが見て取れます。いろいろなペ・ドゥナが観られることから、ちょっと「春クマ」(「春のクマは好きですか?」~2003年作品)を思い出してしまいました。

■ジョウ・シュン(周迂)の圧倒される迫力!

近未来の“ネオソウル”でペ・ドゥナの同僚役・Yuna939を演じたジョウ・シュン。彼女の中国4大女優のキャリアには前にも触れましたが、とにかく化けっぷりが見事!
特に、ホテルの“チャイニーズのMGRの男装”にはアッと言わされました。2321年の崩壊後の世界での殺されっぷりも見事で、「ふたりの人魚」をはじめ、数々の中国作品で“修羅場”をくぐりぬけてきた強靭さを感じました。
そして、何より、彼女は今回、ペ・ドゥナを見事に“引き立てて”いました。
またペ・ドゥナと共演してほしいです、ジョウ姉さん…。

■これも、ペ・ドゥナの初の汚れ役?“ネオソウル”の「売春婦Sonmi」

ほんのワンシーンでしたが、カオスの売春宿のような小屋で、売春婦のペ・ドゥナが登場しています。じっくり観てみると、ペ・ドゥナが結構ファッショナブルで、そしてモデル目線、でした。っていうか、かっこいい感じさえしたなあ。

■ホッとする「メキシコ移民のおばさん」の“威風堂々な”ペ・ドゥナ


今回、唯一、いわゆる“ペ・ドウナ節”が炸裂したシーン。日本語吹き替えだと、ハル・ベリーたちが工場に入ってきたときにオーバーアクション気味に「移民、いない、いな~い!」と言ってて、さらに笑えました。

■ハル・ベリーの声優は、あの本田貴子さん!

NHKの深夜ドラマ「シークレット・ガーデン」が終わったばかりなので、最初のうちは、ハル・ベリーが“ハ・ジウォン”に見えてしまいました。個人的には、本田さんは、ハ・ジウォンとのほうが相性がいいかな…と感じました。

というわけで、見どころいっぱいの「Cloud Atlas」。ただ、3時間以上の長尺なので、私は目薬をさしながら一気に観ました。
特典映像では、メイキング+製作・出演者コメントで、これも結構長かった。でも、ここでの“素”のペ・ドゥナが、また、かわいかった!


次も、ウォウシャウスキー監督の作品への出演準備にかかっているペ・ドゥナ。
あえて言わせていただければ、今回は、アイドル並みの扱いで、初のハリウッド作品であることを差し引いても、やや“踏み込み不足”だったように感じました。
ペ・ドゥナの実力はまだまだ、この程度ではない!と信じます。
ジョウ・シュンというアジアの先輩であり、ライバルの姿を参考に、30台中盤の”女優の旬”を迎えるペ・ゥナから、目を離さずにいたい…です。


※画像は現在のソウルの夜景です。

NHKドラマ「シークレットガーデン」、ついに全回見終えました。
韓流ドラマでは全部見たのは、ペ・ドゥナ出演作以外では、はじめて、でしたが、とにかく、初回前のゲストを招いての特集編の放映が1年も延びるなど、政情に大きく影響されただけに、まずはよかった、よかった。
快晴の多い厳冬のソウル市内の透き通った風景(屋外ロケ)がふんだんに登場し、とてもセンスのいいカフェなど、観光的なアピールにも一役買いそうな出来に思いました。
主演のハ・ジウォンも”国民の妹”的なかわいさで、演技も◎。
それから、ユンスル役(最終的にハ・ジウォンの義理の姉になる)キム・サランの、これぞ韓流、という浮世離れした美しさ、プロポーションにびっくり。
そして、影のMVPが、ハ・ジウォンの声(吹き替え)を演じた本田貴子さん!熱演によく合っていて、素晴らしかった。

そして、その本田さんが、何と、「Cloud Atlas」の日本語吹き替えにも登場します!
ということは、ペ・ドゥナ史上初?の、吹き替えの声優さんが登場!?

詳しくは近いうちに。。。

SEOUL2013 Wintter 118.JPG

7601@DSC_0385.jpg7661@20130725.jpg

蒸し暑い蒲田駅ホームの夕暮れ。7601x3連が五反田へ向かおうとしています。こんな風景、これからもまた見たい。。。
今、残存2編成とも、適度な休みを置きながら、池上・多摩川線の仕業に就いています。

700@20130725.jpg

田町駅ホームから、新幹線の700系でしょうか?
たまには、カッコいいな。でも、もう1年近く乗ってない。
年内には、ね。

7700並び@7701&7708@0724_110705.jpg
下丸子駅でのツーショット。7701x3連と7708x3連、ともに赤帯車です。踏切からとったの端っこがちょっと切れててすみません。

7906@Yaguchinowatashi_0722_173633.jpg
こちらは矢口渡駅で、7706x3連かな。

ADLoc_Shinohashi_20130701_031174[1].jpg

掲示板にもご投稿いただいているmorikumaさん撮影の画像を追加させていただきました。
※添付の画像は、作品のなかでペ・ドゥナも乗った「隅田川ライン」です。

⇒『空気人形』ロケ地のページ
http://grupo.jp/design/newpage/185323

Ikegami@IMG_20130722_171313.jpgIkegami@IMG_20130722_171330.jpgIkegami@IMG_20130722_171547.jpg7661@Ikegami_20130722_171042.jpg

There still remain the crossings in the premises at Ikegami Sta.
Tokyu 7600 series are also running too.

今や貴重な東急池上線・池上駅の構内踏切。50年も変わらない古い駅舎が、2編成だけ残る7600系ともよく似合っています。

7661@Ikegami_20130722_171042.jpgIMG_20130722_170555.jpg

7601x3連が池上線仕業に就いています。多摩川線にも”東急クラシック”7710x3連が走るなど、夏休みを迎えてファンサービスのように活躍中です。
7600系の側面の”カラータイマー”(ドア開閉灯)はまだ点滅していません。お会式の頃のさよなら運転、という筆者の予想はいいほうに外れてくれる雰囲気です。
特に、新7000系の配備がやや遅れている感じで、そうすると今年度いっぱいは現状のメンバーで行けるかもしれません。でも、貴重な夏の元気な姿、今、撮って乗っておきたいものです。

※池上駅にて

操車場★5月の戸延 019.JPG操車場★5月の戸延 020.JPG

操車場裏の交番も、陽射しが強くて暑そうです。ごくろうさま。。。

ペ・ドゥナの新しいCMのようです。自然体で、本当にかわいい!
アラサー過ぎても?ぜんっぜん変わらない!

http://www.youtube.com/watch?v=CWWx6Q8GAQw

7662@2013.7.20.jpg7662@IMG_20130719_071212.jpg7662@IMG_20130719_071220.jpg7661@2013.7.20.jpg

現存する7601,7602の3連2編成とも、今、池上・多摩川線を無理なく運行しています。
たとえば、昨日(土曜日)は7602x3連が多摩川線を走り、7601x3連は雪が谷(検車区)の引込線で休憩、といった按配で、7710”東急クラシック”も含めて、うまく休みを絡めて、体にガタが来ないように仕業に就いている感じです。
少しでも長く、頑張ってほしい!


※画像は武蔵新田、蒲田にて

7710@IMG_20130719_071417.jpg7710@IMG_20130719_071418.jpg
早くも盛夏の青空のもと、ステンレスも眩しげに”東急クラシック”7710x3連が元気に蒲田駅を出発、多摩川線仕業に就いていました。

7700系赤帯車も朝のラッシュ時は、下丸子のC社社員輸送にフル回転。昔から目蒲線は朝夕、工場勤務の方が数多かったんですが、女子社員の方もお洒落で、駅舎も綺麗になって今は様変わりしました。
(下丸子駅に到着する7703x3連です)
7707@IMG_20130719_065854.jpg7707@IMG_20130719_065838.jpg

『Cloud Atlas』のレンタルDVDが今、”TSUTAYA”の新作コーナーに並んでいます。映画館で2度観ましたが、もちろんもう1度観たい!
過去にブログでも触れましたが、この作品、3時間をゆうに超える長尺で、興行的にも賛否が分かれたようですが、ラストの約1時間は”ペ・ドゥナ大特集”のごとく、いろんなキャラクタ-に化けて(いえ、扮して)出演しますので、ペ・ドゥナびいきとしては飽きませんでした。
とにかく、まず観たいのが、”ネオソウル”でのお給仕(Sonmi451)
の同僚役・ジョウ・シュン(Yuna939)との共演シーン。
そして、後半、その近未来の売春街で娼婦役(Sonmi351)でちょこっと写るペ・ドゥナ初の?汚れ役のシーンです。
とくに、4歳年上の中国を代表する女優、ジョウ・シュン(周迂)との共演は、後で彼女の作品(『中国の小さなお針子』、『ふたりの人魚』など)を観てみると、その存在感、輝きが半端でなく、ペ・ドゥナとの夢の顔合わせに感じました。
ただ、私のように、”血”の場面がNGな方は、適当に目をつぶってご覧になるといいかもしれません。。。

※画像はイメージ(ソウル市内の自販機)です。
SEOUL2013 Wintter 053.JPG

7703(2013.7).jpg

武蔵新田駅に進入する7703x3連(赤帯車)。下丸子からの長い直線のあと、右にカーブしてわりと高速でホームに滑り込みます。バックの青空が目を覚ませてくれるようです。

IMG_20130716_174242.jpgIMG_20130716_174135-1.jpg

暮れなずむ7700系。まさに人生の後半を迎え、蒲田と多摩川(旧多摩川園駅)の短い区間を行き来しています。
武蔵新田の夕暮れ、いま、なお多摩川線の主力、です。

IMG_20130713_095215.jpg

整形外科の帰り、久々に田園都市線に乗り、お目当ての東京メトロ8000系が来ました。
午後には小田急線にも乗りましたが、千代田線も含めてガラっと陣容が変わってしまった中、営団時代の面影を色濃く残す8000系や、東急8500系が原色で走っている田園都市線は魅力があります。でも平日のラッシュが凄いんだろうな。。。

IMG_20130714_195436.jpg

昨日は久しぶりに神宮球場に行きましたが、蒸し暑くて「ビールいかがっすかぁ…」のお姉さんも大忙し!そこで、『Cloud Atlas』を連想させる意外なシーンに遭遇しました。
神宮の外野席下の売店ストリートには、ビール補給用の専用スタンドがあって、ビールタンクが空になったお姉さんが度々やってきて、そこで、後ろから生ビールをタンクに注いでもらってるんです。
これって『Cloud Atlas』の”ネオソウル”で栄養分(Soap)を補給するペ・ドゥナ(Sommi451)やジョウ・シュン(Yuna939)に似てる…っていうかシュールな光景だなあ、と感じました。
(なので、画像はすみませんが抽象的にしました)

ゲームのほうは、CARP打線が今季最多、先発全員18安打13点で圧勝。これが何と、今季、東京での初勝利でした。妻がスワローズファンなので、コメントはそのへんにしておきます。
昨春はペ・ドゥナが、ソウルでLGツインズのホームゲームの始球式に登場、颯爽と投げてました。カープのホーム用に似た白地に赤のユニフォームも似合ってたし、かっこよかったな。。。

IMG_20130714_215815.jpg

DSC_0378.jpgIMG_20130711_155354.jpgIMG_20130711_155406.jpg

湘南新宿ラインの車窓から、183系大宮車と思われる「試運転」車と、しばし並走し、あっという間に南行へ追い抜いて行きました。
引退は"秒読み"段階のようで、元気な姿を目に焼き付けておきました。

※車内からで画像が粗くて、お許しください。

IMG_20130712_071025.jpgIMG_20130712_070657.jpg

下丸子の7700系。今日は弟がカゼなので、これに乗ってあざみ野まで行きます。

IMG_20130711_071134.jpgDSC_0375.jpgIMG_20130711_171547.jpg

昨日に続き、7710x3連の東急クラシック車が多摩川線で運行中です。下丸子を出るときは、ブリキの怪物みたいでちょっと迫力あります。

歌舞伎塗装(7914x3連)も武蔵新田の青い初夏の空に映えています。

IMG_20130710_112319-2.jpgIMG_20130710_112319.jpgDSC_0377.jpg

7700系の東急クラシック車が多摩川線に復帰しています。しばらく見なかったけれど、検査入場していたのかな?
初夏の陽光をブリキのようなステンレス単色に映しながら、昭和36年生まれの現役最年長車が頑張っています。

※画像は武蔵新田にて

IMG_20130709_070041.jpgIMG_20130709_070056.jpg
朝の下丸子駅、7714x3連(歌舞伎塗装)が暑いなかをやってきました。つい、見とれていたら、ドア、閉まっちゃった!

同じ7714でも、夕刻の下丸子駅を発つときには、なかなか風情あるんだけど。。。
IMG_20130704_181716.jpg

IMG_20130707_161321.jpgIMG_20130707_112052.jpg

"3.16"の東京メトロ副都心線、西武&東武相互直通乗り入れから4カ月近くが経ち、多摩川(園)の大カーブからやってくる電車たちにもちょっと慣れてきました。過半数が東急の車両で、4000系などシルバーと赤の東横線主力車両が目立ちます。でも、画像のようにたまに西武(6000系)が来たり、東武や横浜高速鉄道の電車も来たり、なかなか楽しい眺めです。
多摩川駅の新丸子寄りは、立ち入り禁止の黄色い線が不明確で、ちょっと危ないので撮影には注意が必要に感じました。

IMG_20130707_110733.jpgIMG_20130707_163410.jpg

下丸子駅に到着する7706x3連。梅雨明けの青空が綺麗です。
東急多摩川線では、今なお7700系が主役です。

久々にペ・ドゥナの”モデル魂”を感じるPVです。
乾いた大地に立つ、ペ・ドゥナの”黒”が印象的。

彼女は『空気人形』のあともそうでしたが、1本映画の”大作”を終えると、自身の原点である”モデル”に戻り、カメラを通して違う自分を再確認しているように思えます。カメラ女子だなあ、とも思います。

『Cloud Atlas』の後もウォウシャウスキー監督の次回作への出演が決まっているようですが、韓国の同年代アラサー女子のお悩み系、例えば精神疾患などをテーマにした作品も演じてほしい気がします。”今”の彼女だからこそ、真正面から取り組めるテーマが、さまざまな要因で先行きの不安が広がる母国にはたくさんあるし(日本もそうですが)、芸達者の多い国ですから。

でも、この撮影、すごい暑かったんだろうなあ。。。

◆Vogue KOREA DEC.2012
⇒http://www.youtube.com/watch?v=gMqYIdkISKI

※画像は関係ありませんが…『空気人形』の隅田川沿いのロケ地です。
空気人形ロケ地、高2運動会など 023.JPG

IMG_20130704_182621.jpgIMG_20130705_063620.jpgIMG_20130705_063621.jpg

7700系(赤帯車)が下丸子駅にやってきました。曇りの日には、ステンレスが鈍い灰色っぽくて”武骨”感があります。
そういえば、東急クラシック(7710x3連)はしばらく会ってないな。池上線仕業か、雪が谷(検車区)あたりでお休みかしら。。。

IMG_20130704_182621.jpgIMG_20130704_181716.jpg

夏期臨時改正開始後の東急多摩川線。夕刻も7700系が元気に”闊歩”しています。
7600系も通常通り、池上線に運行しているところを目撃しました。

※画像は下丸子にて

2000 at Tokawa.JPG2000 at Tokawa(2).JPG★春の戸延操車場 005.JPG

昨年の今頃だったか、弟の車でお墓参りの帰りに、銚子電鉄に乗りました。京王2000系が懐かしいイモ虫カラーで復活し、のろのろと草木の間をゆく姿が印象的でした。その後”鉄コレ”でも事業者特注品で販売され、今は戸延操車場のあたりを走っています。
今は、白地に赤の京王ラインという、これまた昭和の姿で運行中のようです。

※画像は、銚子、外川の両駅にて(2012年初夏)。

IMG_20130701_174410.jpgIMG_20130701_175034.jpgIMG_20130701_175153.jpg

塗装こそJR貨物以降のカラーですが、先日の新鶴見機関区に仲良く並んだDD51とEF65です。
こうした、ごっつい国鉄型の機関車がごろごろ居る魅惑の”新鶴見”ですが、新川崎駅から鹿島田方面への新・跨線橋(現在の橋の隣、川崎・鶴見寄りに並行して設置)からの「より近い」眺めが楽しみです。
現地情報では、9月頃に開通予定、ということです。

IMG_20130701_080222.jpg

東北縦貫線の開通に備えてか、上野駅の東北・高崎・常磐線の引き込み線の信号に白い”バツ”が施されています。御徒町寄りのホームで、広い空を見ながら、ちょっと一礼して列車に乗るのが日常。
それと今、冷房(保温)対応で、セルフでドアスイッチを自ら”開閉”できるのもうれしい。。。

IMG_20130427_095825.jpgIMG_20130428_153414-1.jpg

本日(7/1)から始まった東急多摩川線の朝7時台の増発ダイヤですが、今日のところは新7000系が主体のように感じました。
そりゃそうですよね、バリアフリーのスペースも広めだし、増発にふさわしい体躯と乗り心地。そして、戦前から脈々と続く東急伝統の”緑”。
こうして旧7000系(現7700系)の”息子”が活躍するのも頼もしいんだけど、でも、やっぱりあきらめない。”叔父”の名車・7600系(旧7200系)朝の”2編成横並び”を目撃するまでは…。